IT業界の就職ははやめに、技術があってもたちふさがる年齢

「転職エージェントに関しましては、どこが良いの?」「どの様な支援をしてくれるの?」、「実際に使った方が良いの?」などと疑問で頭がいっぱいになっているの人もいるかと思います。転職サイトと転職エージェントのちがいがわからないといわれる方もいるかもしれません。

転職サイトは転職の求人が掲載されているだけですが、転職エージェントは専任のカウンセラーがあなたのキャリアプランを一緒に考えてくれ、なおかつ将来の方向性を指し示してくれるような存在です。

特にITの分野では専門のカウンセラーがいる、IT特化型のエージェントにお願いするとよいでしょう。数多くの企業と固いつながりを持ち、転職成功のノウハウを持っている転職サポートのスペシャリストが転職エージェントというわけです。費用なしでしっかりとした転職支援サービスを展開しています。

また転職エージェントは求人の紹介のみならず、応募書類の記入の仕方や好印象を与える面接の臨み方の指導、転職活動のタイムテーブルアレンジなど、申し込み者の転職を完璧にアシストしてくれる存在だと言えます。

IT業界で30歳以上の人の転職は厳しい

エンジニアの転職は年齢も重要です。一際喜んで迎え入れられる年齢は25歳前後だと言われます。キャリアから見て即戦力でなくとものびしろがあると判断されるからです。20代だと無料で受講できるプログラミングスクールなどもあります。

これが30代になると就職は途端に厳しくなります。年齢からいってもプログラミングだけでなく管理者へと移行する時期だからです。そのためかなりプログラミングを学び、「こういうものがつくれます」というポートフォリオがないかぎり、就職へこぎつけるのは難しいでしょう。

技能や責任感のみならず、素晴らしい人間性を兼ね備えていて、「よその企業に行かれては困る!」と評価してもらえるような人になることが30代での転職の近道です。

ただ私からいえることはできることなら少しでも年齢が若いうちにプログラマーへとチャレンジした方がよいこということです。

エンジニアの転職については、人材不足であるのでいつでも可能だというのは事実ですが、当たり前ですが一人一人の要望もあると思われますから、少なくとも2個以上の転職サイトに登録申請し、アドバイスを受ける事を推奨します。「転職先企業が確定してから、今働いている職場に退職願いを出そう。」と考えているならば、転職活動につきましては同僚はじめ誰にも気づかれないように進めましょう。